photoshop elements13の使い方講座

基本的なことから、よくある質問まで、アドビフォトショップエレメンツ13の使い方、非公式マニュアルです。
初心者の方にも、画像を見ながら簡単に操作できます。
バージョン11>> 12>> のページではさらに詳しく説明していますので、是非ご覧ください。

カテゴリ: ツールボックスの使い方

選択ツールは、エキスパートモード>>で、使用できます。
選択ツールには、4種類が表示されていますが、今回はクイック選択ツールをご紹介します。

選択ツール
クイック選択ツール (選択ブラシツール・自動選択ツール)

選択範囲って、何に使うの?

  • 写真や画像の選択した部分だけ、補正や加工する。
  • 写真や画像の選択した部分だけ、切り抜きコピーして、他の画像にペーストして合成する。

クイック選択ツールの使い方・画像の合成(コラ画像)


クイック選択ツールは、背景と色の差がある対象なら、ドラッグするだけでカンタンに選択範囲を作ってくれるツールです。
選択したい部分の中心から、外側に向かって、はみ出さないようにドラッグします。

一度ドラッグすると「選択範囲に追加」になるので、時々手を離すのがポイントです。

(途中で何度か手を離すと、編集 > 「クイック選択の取り消し」で、一過程づつ作業を戻れますが、一気に選択してしまうと、修正したい時に全てやり直しになります)
quick001
この位まで、できたらブラシのサイズを小さく変えて、選択範囲を追加していきます。
quick003

  はみ出した部分はツールオプションの「現在の選択範囲から一部削除」で、削除していきます。
quick005
quick004

尻尾の部分は、境界があいまいで、クイック選択ツールでは選択できませんでしたので、なげなわツールを使用しました。
quick006

選択が完了したら、「境界線を調整」を、使って綺麗にしていきます。
quick008

選択範囲の縁がガタガタしていたので、
「エッジを調整」
quick009
・滑らかに
・ぼかし
を設定して、OKを押しました。

(数値は、画像のサイズによって変わります)

選択範囲が決定したら

 メニュー > 編集 > コピー 

quick010
メニュー > ファイル > 開く で、背景にしたい画像を開いて、
quick011
メニューバー > 編集 > ペースト します。
quick012
 移動ツールで、バウンディングボックスを表示して、位置や大きさを調整して
quick013

完成です。
quick015
フォトショップエレメンツ13の新機能フォトマージコンポーズを使うともっと簡単に合成ができますが、旧ヴァージョンをお持ちの方は、クイック選択ツールが便利ですね。

選択範囲の作業途中で、作業を中断しなくてはいけなくなったら・・・・

 メニュー > 選択範囲 > 選択範囲を保存 を選びます。

 .psd形式で、ファイルで保存すると、次回「選択範囲を読み込む」事ができます。

sentaku7


選択範囲を解除したい場合は

メニュー > 選択範囲 > 選択を解除 を選びます。

5

その他のツールの使い方は、
ツールボックスの使い方(基本編)>> の、リンクからご覧ください。

スポンサードリンク

選択ツールは、「エキスパート」モードで、使用できます。 選択ツールには、4種類が表示されていますが、移動ツール以外の選択ツールを説明します。(クイック選択ツールは次回ご紹介します。)

選択ツール
長方形選択ツール (楕円形選択ツール)
なげなわツール (マグネット選択ツール・多角形選択ツール)


選択範囲って、何に使うの?

  • 写真や画像の選択した部分にだけ、補正や加工する。
  • 写真や画像の選択した部分だけ、切り抜きコピーして、他の画像にペーストして合成する。

楕円形選択ツールの使い方・画像の合成


長方形選択ツールを選ぶと、画面下部のツールオプションで、以下のように表示され、楕円形選択ツールを選択できるようになります。
sentaku001

 「新規選択」「選択範囲に追加」「現在の選択範囲から一部削除」「現在の選択範囲との共通範囲」 など、選択のやり方が選べます。

 ぼかしは、画面のスライダーで設定しないで、全ての選択範囲を作った後で
「境界線を調整」で、ぼかしをかける方が失敗が少ないのでおススメです。

 画面を斜めにドラッグすることで選択選択することが出来ます。
sentaku002

長方形選択ツールや楕円形選択ツールで、上手く選択できなかった時は、
そのまま 選択範囲 > 選択範囲を変形 を選ぶと
選択範囲のバウンティングボックスが表示され
現在の選択範囲を移動・回転・拡大縮小できます。
*移動・拡大・縮小が終わったら、必ず「現在の操作を確定」してください。

選択範囲が決まったら、ツールオプションの、
sentaku003
「境界線を調整」を、使って画像の周囲をぼかしましょう。
sentaku004

写真のふちをぼかすには、 「境界線を調整」の画面で
「ぼかし」のスライダーを、プレビューを確認しながら右へ動かしてみます。
気に入った状態になったらOKを押しましょう。

*髪の毛などを簡単に切り抜きできる、「境界線を調整」のエッジの検出については、境界線を調整の機能強化で説明しています。

選択範囲が確定したら、

メニュー > 編集 > コピー 
sentaku2

背景にしたい画像を開いて

メニュー > 編集 > ペースト します。
ペーストした画像の位置は 移動ツールで動かしましょう。

sentaku005
画面は、白紙の用紙にペーストしました。

なげなわツールの使い方

なげなわツールを、選ぶと画面下部のツールオプションは以下のように表示されています。
sentaku006
なげなわツールは、フリーハンドで、選択範囲を描くことが出来るツールです。
ドラッグしている途中で手を離すとそこまでの範囲で、自動的に範囲が閉じられます。

(*多角形選択ツールは、クリック毎に直線の範囲が描かれ、ダブルクリックで閉じます。)

sentaku009
一度に描いてしまおうとしないで、画面下部のツールオプションで、
「選択範囲に追加」を選んで 少しづつ選択範囲を追加していきましょう。
sentaku007
少しぐらいはみ出しても、「現在の選択範囲から一部削除」を選べば
今度は、選択範囲を削ることができますので、大胆にやってみてください。
sentaku008

細かい部分の修正は、フォトショップエレメンツ13の新機能
選択ブラシを調整ツール>>を、使うと簡単です。


選択範囲の作業途中で、作業を中断しなくてはいけなくなったら・・・・

 メニュー > 選択範囲 > 選択範囲を保存 を選びます。

 .psd形式で、ファイルで保存すると、次回「選択範囲を読み込む」事ができます。

sentaku7


選択範囲を解除したい場合は

メニュー > 選択範囲 > 選択を解除 を選びます。





次回は、クイック選択ツールを使った切抜き合成についてご紹介しています。


その他のツールの使い方は、
ツールボックスの使い方(基本編) の、リンクからご覧ください。

スポンサードリンク

風景なら電線とか、人物ならニキビとかシミとか、写ってしまったゴミなど、いらないものを消したいとき、スポット修復ブラシが便利です。

画質調整
スポット修復ブラシツール (修復ブラシツール)

スポット修復ブラシの使い方


「スポット修復ブラシツール」は、
「クイック」・「エキスパート」どちらのモードでも利用できます。
001

この写真から「スポット修復ブラシツール」で、手前の有刺鉄線を消してみます。
ブラシサイズを、消したいものより少し大きく設定して、ドラッグするだけ。

002

(上手く行かない時は、何度か繰り返してもOKです)

003

例えば、ニキビとかゴミとかも、いらない物が隠れる大きさより、ひとまわり大きなブラシサイズを指定してワンクリックで、簡単に消すことが出来ます。

スポット修復ブラシが上手く使えない時。


狭い範囲を修正するのに向いている、スポット修復ブラシですが、

006

赤で囲んだ部分に、スポット修復ブラシを使ったとき、

左側の小さな修正は、影も含めて綺麗に修正できますが・・・

007
↑左側を小さめのブラシサイズ・右側を大きなブラシサイズで修復した場合


008
左右とも、同じブラシサイズで修復。

広い部分の修正に、小さなブラシを使うのがコツといえばコツですが、手間がかかるので困っていました。


新機能:コンテンツに応じた塗りつぶし>>を使えばその悩みも解決です。



スポンサードリンク

↑このページのトップヘ