photoshop elements13の使い方講座

基本的なことから、よくある質問まで、アドビフォトショップエレメンツ13の使い方、非公式マニュアルです。
初心者の方にも、画像を見ながら簡単に操作できます。
バージョン11>> 12>> のページではさらに詳しく説明していますので、是非ご覧ください。

カテゴリ: 写真の補正・修整

色被り(光源の影響などで、特定の色に偏っている) の写真や画像を修正したい時は、カラーバランスを補正しましょう。
000

カラーバランスを補正を利用する。


エキスパートモード


メニュー > 画質調整 > カラー > カラーバランスを補正 を、選択し
004


本来なら、無彩色(白・灰色・黒)の部分を、カラーピッカーでクリックするだけで、
005

006

自動的に、色被りしている色を補正できます。

ガイドモードを利用する


ガイドモードの、カラーバランスを補正肌色補正でも、簡単に色合いを補正できます。

007

カラーバランスを補正を使用してみました。
008

人物が大きく写っている写真などでは、肌色補正の方が利用しやすいかもしれませんね。

カメラロウを利用する

メニュー > ファイル > Camera Rawで開く を、選択すると

001
jpgファイルなども、Camera Rawで開く事が出来ます。

002

ホワイトバランスで「自動」を選択すると

003
自動で補正されます。

「色かぶり補正」のスライダーで、調整もできますので、いろいろ試してみてくださいね。


スポンサードリンク

前回は、クイックモードでのコントラストの調整を試してみましたが、
今回は、エキスパートモードで、レベル補正やカラーカーブなどを使ってみましょう。

レベル補正で、コントラストを補正する


エキスパートモード


ピントが合っているのに、なんとなくはっきりしない写真、眠い写真を開きます。
001

メニューバー > 画質調整 > ライティング > レベル補正 を、選択します。
001


眠い写真の場合、白・黒どちらの三角も、
002
ヒストグラムの山の付け根にない事が多いです。
(この写真は暗めなので、山が左に偏っています。)

左右の三角を山の付け根まで移動させると、
003
コントラストがはっきりしました。
004


カラーカーブを使って、コントラストを補正する

フォトショップエレメンツには、PhotoshopCCに搭載のトーンカーブの簡易版
カラーカーブが搭載されています。

レベル補正を使った時と同様に、エキスパートモードでファイルを開いたら、

メニューバー > カラー > カラーカーブ を選択すると、
005

カラーカーブを補正ダイアログが表示されますので、

スタイルを選択:コントラストを上げる を、選択します。
006
カーブが自動でS字に変形し、トーンカーブと同様にコントラストが上がります。

スライダーを調整する事で、さらに細かい変更が可能です。
0002


彩度(色の鮮やかさ)が、強くなりすぎたら?


コントラストを上げた事で、彩度が強くなりすぎた(色が派手になった)場合は、

メニューバー > 画質調整 > カラー > 色相・彩度 を、選択し
0004

色相/彩度のダイアログで、彩度を下げてみると良いでしょう。

カラーカーブ補正後・彩度を下げた画像

0005


次回は、色かぶりした写真の補正についてまとめます。



スポンサードリンク

ピンボケ写真をはっきりさせる方法については、すでにご紹介していましたがピントが合っているのに、なんとなくはっきりしない写真(眠い写真)も、よくあります。
001

そんな写真は、コントラストを調整すると良いかも知れません。

クイックモード調整パネル

nemui001
下向きの三角をクリックして、調整してみましょう。

サムネイルにマウスオーバーするだけで、プレビューを見ながら簡単に画像を調整できます。
サムネイルをクリックすると、調整が適用されます。

今回は、なるべく「自動」 を使ってみましょう。

002
スマート補正:「自動」 のみ調整

003
露光量:下段・左 のみ調整

004
ライティング:「自動レベル補正」 のみ調整

005
ライティング:「自動コントラスト」 のみ調整

006
ライティング:「自動コントラスト」 + カラー「彩度」:「中段左」 で調整

007
ライティング:「自動コントラスト」 + カラー「彩度」:「中段右」 で調整

カラー「色相」を選択すると、簡単に画像の色合いを変えることも出来ます。

009

バランスを選択すると、「色温度」や「色合い」をコントラストを変化させずに調整できます。
nemui2

シャープを使って、エッジをはっきりさせてもいいですね。
008
シャープ使用前

010
シャープ:「下段中央」

色々組み合わせて、写真の調整を試してみてくださいね。

次回は、レベル補正とカラーカーブについてまとめる予定です。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ