photoshop elements13の使い方講座

基本的なことから、よくある質問まで、アドビフォトショップエレメンツ13の使い方、非公式マニュアルです。
初心者の方にも、画像を見ながら簡単に操作できます。
バージョン11>> 12>> のページではさらに詳しく説明していますので、是非ご覧ください。

カテゴリ: 写真の補正・修整

ピントが合わなくてぼけてしまった写真をフォトショップエレメンツで補正するには、いくつか方法があります。カンタンな方法から順にご紹介していきましょう。

カンタンにピンぼけを直す方法


クイックモード


「調整」パネルで、「シャープ」を選択します。

9つのサムネイルにマウスオーバーすると、効果がプレビューされます。クリックして変更を確定します。
003

「自動」をクリックして、シャープをかけることも可能です。


ガイドモード


ガイドモードの「微調整」 > 「シャープツール」でも、自動補正かスライダーでシャープをかける事が出来ます。
004


アンシャープマスクでピンぼけを直す方法


フォトショップCCと同じように、フォトショップエレメンツでもアンシャープマスクを使う事が出来ます。

エキスパートモード


メニュー > 画質調整 > アンシャープマスク を、選択します。
005

アンシャープマスクのダイアログが表示されます。
006

量:コントラストの強さの割合(高解像度の写真では、150%~200%に設定)
半径:シャープを適用する範囲(高解像度の写真では、1~2に設定)
しきい値:輪郭ピクセルとして判断する範囲(通常2~20に設定)

プレビューを見ながら設定してみましょう。上手くいったら、OKをクリックします。


ハイパスを使ってピンぼけを直す方法


CSユーザーに教えてもらった、もうひとつの方法。こちらもエレメンツでも出来ましたのでご紹介します。

エキスパートモード


レイヤーパネルの背景を右クリックして、「レイヤーを複製」を選択します。
007

レイヤーを複製ダイアログで、OKをクリック
008

メニュー > フィルター > その他 > ハイパス を、選択します。
009

ハイパスのダイアログで、くっきりさせたい輪郭が見える状態を、
半径:0.1~5の間でドラッグしながら、見つけます。
010

OKを押したら、「背景のコピー」レイヤーの合成方法を、
「オーバーレイ」・「ハードライト」・「ビビッドライト」のいずれかに、プレビューを見ながら変更します。
011

効果が強すぎた場合は、「背景のコピー」レイヤーの不透明度を変更しましょう。

シャープをかけたくない部分はどうするの?


ハイパスレイヤーの、シャープをかけたくない部分を、消しゴムで消します。
hignpass
ハイパスで強調されてしまったノイズを消して、必要な部分だけを残す事ができます。


レイヤーの状態
highpass2


RAWで撮影した写真は、カメラロウの「シャープ」や「明瞭度」でも、補正できます。

スポンサードリンク

アドビフォトショップエレメンツ13を使って、簡単に写真補正してみましょう。

全部自動で調整したいときは、スマート補正


明るさ・色合い・コントラストをまとめて自動で調整したい時は、クイックモードのスマート補正が便利です。

サムネイルにマウスオーバーすると、結果が表示されますので
画面を確認しましょう。(左上~右下に向かって効果が強くなります)
001
クリックすると、適用されます。
自動」をクリックするのが最も簡単ですね。


クイックモードで明るくする


全体が暗い写真を明るくしたり、明るすぎる写真を暗くするには、
露光量を調整するといいでしょう。
002
マウスオーバーで画面を確認し(左上一番暗い-右下一番明るい)

クリックして、露光量が調整しましょう。


レベル補正を使って明るくする


エキスパートモード


メニュー > 画質調整 > ライティング > レベル補正 を選択します。
003

レベル補正の画面を見てみると、暗すぎる写真は、右端にヒストグラムの山がありません。
004

山の付け根まで、白い△を移動させると、明るさが調整できます。
005

逆に明るすぎる写真は、左端に山がありませんので、
006

山の付け根まで、黒い▲を移動させてみると、明るさが調整できます。
007


写真全体じゃなくて、一部だけを明るくしたい時には?


上の2つの方法では、写真全体の明るさが調整されます。
暗い部分だけ調整したい場合は、

メニュー > 画質調整 > ライティング > シャドウ・ハイライト を選択します。
0075

デフォルトで、シャドウの数値が設定されているので、開いただけで
影の部分が明るくなるのがプレビューできます。
プレビューを見ながらドラッグするか、数値を入力します。
009

暗い部分が明るくなっているのが、確認できます。

008

ハイライトを暗く」の数値を変更すると、明るい部分の陰影が出てきます。

下の写真は、シャドウとハイライト両方を設定しています。
010
暗い部分を明るくしたり、明るい部分を暗くしたりするのには、
シャドウ・ハイライトがとても便利ですね。


RAWで撮影した場合は、カメラロウの「露光量」でも、明るさが設定できます。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ