photoshop elements13の使い方講座

基本的なことから、よくある質問まで、アドビフォトショップエレメンツ13の使い方、非公式マニュアルです。
初心者の方にも、画像を見ながら簡単に操作できます。
最新バージョンについてはこちら>> 11>> 12>> のページではさらに詳しく説明していますので、是非ご覧ください。

タグ:ゴミ消し

スキャナーでスキャンした画像から、線画を抽出した時に汚れている場合。
ごみ除去には、境界線を使うと便利です。


スキャナーから取り込む方法>>を参考にして、画像を取り込んだら、
アクションで線画抽出>>を参考にして、線画を抽出しました。


今回の画像はコピーを繰り返して、ノイズを多くしています。

エキスパートモード


ズームツールで拡大しても、背景が透明だとよく見えないので

gomi002 - コピー


背景を表示してみると、かなり汚いのが分かります。

gomi003


もっとよく見えるように、

メニュー > レイヤー > レイヤースタイル > スタイル設定 

gomi004

境界線のチェックボックスをチェックして、
「境界線のカラー設定」をクリック、

gomi005


線画と区別して見やすい色に設定します。

*線画のサイズによって、境界線のサイズを変更してください。

gomi006


境界線を表示したら、背景を非表示にしてもよく見えるようになりました。

gomi007


消しゴムツールで消すと、ごみが赤い境界線と一緒に消えるのでとても分かりやすいです。

gomi008


この画像のように広い範囲でゴミがある場合は、

gomi009


多角形選択ツールなどで、選択してキーボードの「Delete」キーを押すと作業が簡単です。
 

*境界線の中心にゴミがあるので、赤い部分を全部を選択しなくても大丈夫です。


上手くできたらレイヤースタイルを消去します。


gomi010


選択ツールの使い方については、次回詳しく説明します。
今すぐ知りたい方は、photoshopelements12の使い方講座 なげなわツールの使い方>>をご覧ください。




スポンサードリンク

風景なら電線とか、人物ならニキビとかシミとか、写ってしまったゴミなど、いらないものを消したいとき、スポット修復ブラシが便利です。

画質調整
スポット修復ブラシツール (修復ブラシツール)

スポット修復ブラシの使い方


「スポット修復ブラシツール」は、
「クイック」・「エキスパート」どちらのモードでも利用できます。
001

この写真から「スポット修復ブラシツール」で、手前の有刺鉄線を消してみます。
ブラシサイズを、消したいものより少し大きく設定して、ドラッグするだけ。

002

(上手く行かない時は、何度か繰り返してもOKです)

003

例えば、ニキビとかゴミとかも、いらない物が隠れる大きさより、ひとまわり大きなブラシサイズを指定してワンクリックで、簡単に消すことが出来ます。

スポット修復ブラシが上手く使えない時。


狭い範囲を修正するのに向いている、スポット修復ブラシですが、

006

赤で囲んだ部分に、スポット修復ブラシを使ったとき、

左側の小さな修正は、影も含めて綺麗に修正できますが・・・

007
↑左側を小さめのブラシサイズ・右側を大きなブラシサイズで修復した場合


008
左右とも、同じブラシサイズで修復。

広い部分の修正に、小さなブラシを使うのがコツといえばコツですが、手間がかかるので困っていました。


新機能:コンテンツに応じた塗りつぶし>>を使えばその悩みも解決です。



スポンサードリンク

↑このページのトップヘ