photoshop elements13の使い方講座

基本的なことから、よくある質問まで、アドビフォトショップエレメンツ13の使い方、非公式マニュアルです。
初心者の方にも、画像を見ながら簡単に操作できます。
バージョン11>> 12>> のページではさらに詳しく説明していますので、是非ご覧ください。

タグ:レベル補正

前回は、クイックモードでのコントラストの調整を試してみましたが、
今回は、エキスパートモードで、レベル補正やカラーカーブなどを使ってみましょう。

レベル補正で、コントラストを補正する


エキスパートモード


ピントが合っているのに、なんとなくはっきりしない写真、眠い写真を開きます。
001

メニューバー > 画質調整 > ライティング > レベル補正 を、選択します。
001


眠い写真の場合、白・黒どちらの三角も、
002
ヒストグラムの山の付け根にない事が多いです。
(この写真は暗めなので、山が左に偏っています。)

左右の三角を山の付け根まで移動させると、
003
コントラストがはっきりしました。
004


カラーカーブを使って、コントラストを補正する

フォトショップエレメンツには、PhotoshopCCに搭載のトーンカーブの簡易版
カラーカーブが搭載されています。

レベル補正を使った時と同様に、エキスパートモードでファイルを開いたら、

メニューバー > カラー > カラーカーブ を選択すると、
005

カラーカーブを補正ダイアログが表示されますので、

スタイルを選択:コントラストを上げる を、選択します。
006
カーブが自動でS字に変形し、トーンカーブと同様にコントラストが上がります。

スライダーを調整する事で、さらに細かい変更が可能です。
0002


彩度(色の鮮やかさ)が、強くなりすぎたら?


コントラストを上げた事で、彩度が強くなりすぎた(色が派手になった)場合は、

メニューバー > 画質調整 > カラー > 色相・彩度 を、選択し
0004

色相/彩度のダイアログで、彩度を下げてみると良いでしょう。

カラーカーブ補正後・彩度を下げた画像

0005


次回は、色かぶりした写真の補正についてまとめます。



スポンサードリンク

アドビフォトショップエレメンツ13を使って、簡単に写真補正してみましょう。

全部自動で調整したいときは、スマート補正


明るさ・色合い・コントラストをまとめて自動で調整したい時は、クイックモードのスマート補正が便利です。

サムネイルにマウスオーバーすると、結果が表示されますので
画面を確認しましょう。(左上~右下に向かって効果が強くなります)
001
クリックすると、適用されます。
自動」をクリックするのが最も簡単ですね。


クイックモードで明るくする


全体が暗い写真を明るくしたり、明るすぎる写真を暗くするには、
露光量を調整するといいでしょう。
002
マウスオーバーで画面を確認し(左上一番暗い-右下一番明るい)

クリックして、露光量が調整しましょう。


レベル補正を使って明るくする


エキスパートモード


メニュー > 画質調整 > ライティング > レベル補正 を選択します。
003

レベル補正の画面を見てみると、暗すぎる写真は、右端にヒストグラムの山がありません。
004

山の付け根まで、白い△を移動させると、明るさが調整できます。
005

逆に明るすぎる写真は、左端に山がありませんので、
006

山の付け根まで、黒い▲を移動させてみると、明るさが調整できます。
007


写真全体じゃなくて、一部だけを明るくしたい時には?


上の2つの方法では、写真全体の明るさが調整されます。
暗い部分だけ調整したい場合は、

メニュー > 画質調整 > ライティング > シャドウ・ハイライト を選択します。
0075

デフォルトで、シャドウの数値が設定されているので、開いただけで
影の部分が明るくなるのがプレビューできます。
プレビューを見ながらドラッグするか、数値を入力します。
009

暗い部分が明るくなっているのが、確認できます。

008

ハイライトを暗く」の数値を変更すると、明るい部分の陰影が出てきます。

下の写真は、シャドウとハイライト両方を設定しています。
010
暗い部分を明るくしたり、明るい部分を暗くしたりするのには、
シャドウ・ハイライトがとても便利ですね。


RAWで撮影した場合は、カメラロウの「露光量」でも、明るさが設定できます。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ