photoshop elements13の使い方講座

基本的なことから、よくある質問まで、アドビフォトショップエレメンツ13の使い方、非公式マニュアルです。
初心者の方にも、画像を見ながら簡単に操作できます。
最新バージョンについてはこちら>> 11>> 12>> のページではさらに詳しく説明していますので、是非ご覧ください。

タグ:photomergecompose

前回用意した羊の素材と、合成したい写真を開きます。
photomergecompose001
*画面下部のフォトエリアには開いているファイルが表示されます。

写真の向きが揃っていないので、先にあわせておきましょう。
どちらかのファイルを選択して、

メニュー > イメージ > 回転 > 左右に反転
photomergecompose002


新機能 Photomerge Composeを使おう


メニュー > 画質調整 > Photomerge > Photomerge Compose
photomergecompose003
①切り抜きたい画像をドラッグ&ドロップ
photomergecompose004
②-1 追加・削除を切り替えながら、「クイック」で、大まかに選択していきます。
photomergecompose005
②-2 細かい所は、ズームして「調整」「押し出し」を使いましょう。
詳しい使い方はこちら>>
photomergecompose007
②-3 「詳細な境界線調整」 をクリックして、「境界線を調整」をクリックします。
photomergecompose008

photomergecompose010
「滑らかに」・「ぼかし」を設定後「OK」をクリック
*数値は、画像のサイズによって変わりますので、スライダーを動かしながらプレビューを確認してください。

プレビューが画面のようにならない場合は、
photomergecompose008-2
表示をプルダウンして、エッジが見やすいものに変更してください。

「次へ」をクリックすると
photomergecompose018
③-1 オブジェクトが、配置されていますので、
photomergecompose011
角をドラッグして、サイズ変更したり、画像をドラッグして位置を決めます。
photomergecompose012
現在の操作を確定」をクリックしたら

③-2 非表示にしたい部分をドラッグしていきます。
photomergecompose013
ズームした方が作業がやりやすいでしょう。
*ズームで見えなくなった部分は、手のひらツールで動かします。


必要な部分だけを残しました。
photomergecompose014
*羊の目の部分は後で修正します。

「次へ」をクリックして
photomergecompose018

④ カラートーンを自動一致をクリックして色合いを合わせたら、
photomergecompose015
「完了」をクリックします。
photomergecompose017

羊の目を消すには?


エキスパートモード のレイヤーパネルで、上のレイヤー(Layer1)の目の印をクリックして非表示にしてから、下のレイヤー(背景)を選択します。
photomergecompose019
スポット修復ブラシで、羊の目と毛が生えていない部分をドラッグします。
photomergecompose020
するとこんな風になります。
photomergecompose021
上手くいかない場合は、おかしい部分を何度かクリックしてみてください
コンテンツに応じた塗りつぶしの使い方とコツ>>も参考になるかもしれません。


もう一度、上のレイヤー(Layer1)の目の印をクリックして表示すれば完成です。
photomergecompose022

photoshop elements13以前のバージョンをお持ちの方向けに
photoshop elements12の使い方講座>>では、別の方法をご紹介しています。


次回は、フレームや背景を追加して年賀状に仕上げます

スポンサードリンク

リンク>> をクリックすると、使い方を確認できます。

Adobe フォトショップエレメンツ13の新機能で、
001
上の写真を使った、コラージュ写真(コラ画像)の作り方です。


新機能コンテンツに応じた塗りつぶし>> や、
スポット修復ブラシ>>を使って、事前に画像を加工しておきました。
a0001_005491_m

NEW! Potomerge Composeの使い方


画面左上の開くから、合成する2枚のファイルを開いたら、

メニュー > 画質調整 > Potomerge > Potomerge Compose をクリック。
004

画面下のフォトエリアに表示されている2枚のうち、切り抜きたい方を画面にドラッグします。
005

クイック選択ツールで、抽出したい部分を、
選択モード「追加」「削除」を必要に応じて切り替えながら選択していきます。

006

編集作業中に、作業をやり直したい時は、Ctrl+Z または

メニュー > 編集 > (直前の作業が表示)の取り消し を、使いましょう。


上手く選択できない部分は、「調整」をクリックして

新機能選択ブラシを調整ツール>>を選んで
007
「押し出し」を使います。

選択範囲の内側だとプラスのアイコン・外側だとマイナスのアイコンになります。
008
クイック選択ツールが、一気に選択するのと違って、
少しづつ選択範囲に追加してくれるので、細かい操作がとても楽です。

ある程度選択範囲が出来たら、
009

詳細な境界線の調整」のプルダウンを開いて、「境界線を調整」を選択します。

010
次の画面でも調整できますので、割と適当に
「滑らかに」と「ぼかし」を設定したら、OKをクリック

011

photomerege画面下の「次へ」をクリックすると

012
移動およびサイズ変更ツール」が選択されています。

バウンディングボックス>>を操作して、

013
上手くいったら、緑のマーク(現在の操作を確定)をクリックします。

次に「非表示」ブラシをクリックして、隠れる部分を設定します。
014
上手くいかなかったら、操作をやり直すか、「表示」ブラシで再度表示させましょう。

大き目のブラシで、
不透明度100%硬さ40%位が、作業しやすかったです。

不透明度を減らすと半透明になってしまうので、
何度か重ねて使うか、ガラスなどを合成するのに便利かも知れません。


画面左上の ズームツールや中央のズームスライダーで拡大すると、細かい作業がしやすいでしょう。
015
*拡大した部分が隠れてしまったら、手のひらツールで、動かします。

上手くいったら、photomerege画面下の「次へ」をクリック
011


カラートーンを自動一致」をクリックして、自動で色調を合わせます。
016

*自分で操作したい場合は、下のスライダーを動かしてもOK。
失敗したら「初期化」で、元に戻せます。

上手くいったら、photomerege画面下の「完了」をクリック

エキスパートモードで見てみると、切り抜かれたレイヤーが出来ているのが確認できます。
017


新機能切り抜き候補で、
020

候補の中から選んで、切り抜いたら完成です。

21825c93



スポンサードリンク

↑このページのトップヘ